脇見恐怖症

(あがり症の改善可能な症状5)



(脇見恐怖症の症状と改善のための説明)

男性であれば女性の下半身など見てはいけないと思う所に目が行ってしまい、このため人から変に思われていると感じ悩んでしまうという、脇見恐怖症は、脇見恐怖とも呼ばれますが、視線恐怖の一種と言えます。

ただ、視線恐怖の場合は、人から見られているのではないかと、人の視線が気になってしまうものなのですが、脇見恐怖症の場合は、人の視線が気になるということではなく、自分自身の視線が気になるということになります。

自分の視線が人から変に思われるのではないかと感じ、目のやり場に困ってしまう、相手の目を見ることが出来ない、人の目を見て話せないというような形で現れます。

この脇見恐怖症も、基本的には自分が人から変に思われるのではないかという不安がベースになっていますので、あがり症の症状の一つになるものなのです。


※脇見恐怖症のさらに詳しい克服方法については、参考ホームページが参考になると思います。


なお、こちらのページも参考になると思います。
1.対人恐怖症克服のポイント
2.脇見恐怖症とは(治療と克服)



トップへ 次ページへ



関連サイト:対人恐怖(人間関係の悩み)